ふたご座流星群2018は12/13〜14の夜に見れます!

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群は毎年12月14日頃を中心に活動する流星群のことです。

流星数が多いことから、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と共に「三大流星群」と呼ばれています。三大流星群なんて、素敵な響きですヾ(≧∀≦☆)

最も多いときで1時間あたり40個以上の流星を見ることができるんですって。

大きな特徴は、

毎年ほぼ確実に

たくさんの流星が出現すること。

もうひとつの特徴は、ほぼ一晩中流星が出現することです。

三大流星群のうちペルセウス座流星群としぶんぎ座流星群は、どちらも夜半から未明の時間帯を中心に流星が出現します。でも・・・

ふたご座流星群は20時頃という早い時刻から流星が出現し始めるため、親子でなどお子さんにも観察しやすい流星群なのです。

というわけで、ふたご座流星群は流星初めて、という人にもおすすめしたい流星群です。ワクワクしますね!

2018年の見頃は?

13日から14日にかけての夜と、14日から15日にかけての夜が最も見頃になるということです。天気が気になりますね〜!

ただ、天気の具合ももちろんあると思いますし、予想外のタイミングで流星が活発に現れる可能性もあるということなので、時間の許す限り観察して見て欲しいですね〜。

長く観察すれば、それだけ流星を見るチャンスが増えることになりますよ!

時間帯はいつがいいのか

なるべく、22時頃から明け方までの間がいいでしょう。

流星群の流星は、ある点を中心に放射状に出現し、その中心の点を「放射点」と呼ぶのですが、放射点が高いほど多くの流星が出現するといいます。

22時頃から本格的に流星が出現し始め、放射点が最も高くなるのが夜中の2時頃になります。

ふたご座流星群と放射点

画像引用:https://www.nao.ac.jp/astro/feature/geminids2018/

流星群の流星はある一点を中心に放射状に出現します。

中心となる点を「放射点」といい、ふたご座流星群の場合は、ふたご座の2等星カストルの近くにあります。

https://www.nao.ac.jp/astro/feature/geminids2018/

流星群の観察方法

流星群観察時の注意点です。心に留めて観察してくださいね〜*

  • 流星群は肉眼で観察しましょう。望遠鏡や双眼鏡を使うと視野がたいへん狭くなってしまうため、流星の観察には適しません。
  • 屋外に出てから暗さに目が慣れるまで、最低でも15分間は観察を続けるようにしましょう。
  • たいへん寒い時期です。防寒着や寝袋等の寒さ対策を充分にして観察に望んでください。
  • 立ったままで長い時間観察をすると疲れます。レジャーシートなどを用意して、寝転がったまま観察できるよう準備をしておくとよいでしょう。
  • 夜遅く屋外で行動することになりますので、事故などに十分注意してください。
  • 人家の近くで大声を出したり、立入禁止の場所に入ったりしないよう、マナーを守ってください。

引用:https://www.nao.ac.jp/astro/feature/geminids2018/

ふたご座流星群の動画。びっくりするくらい明るいものもありますよ!すごくキレイ!





流星群とは

なんて神秘的なんでしょう!ますます楽しみになってきますね!

まとめ

いかがでしたか?

気になるのはお天気ですが、たくさん見れるといいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする