母乳が出ない訳は食べ物だった!

母乳って、産んですぐには出ないんですよね。お産の直後に「初乳」と言ってちょっと絞ってちょこっと出たのを赤ちゃんの口に含ませていましたっけ。

生まれて約1週間で退院して、入院している間もちょこっとマッサージは教えてもらったとは思うのですが、産後の疲れてもあるし、産む時の会陰切開の痛みのせいで座ることもままならないし、なかなかいろんなことが思うようにいかなかったりするんですよね。

で、退院して少しすると、おっぱいがどんどん作られるようになって、3週間めくらいまではお乳の出もよく順調に授乳できていたのですが、ちょうど21日目の夜に急に悪寒が襲ってきて、熱を測ると39度4分ありました。そして翌日にはおっぱいが痛くて痛くてたまらなくなりました。数日前からなんとなく張っている感じはしていたのですが、もうお産と同じくらいと言っていい痛さでした。

痛いからまた授乳しようとするけどやっぱり少ししか出ないのです。慌てて近くの産婦人科に駆け込みました。

乳腺炎でした。お乳がおっぱいにたまってしまった状態です。たまってしまった部分にしこりがありましたし、発熱もあったので、これは乳腺炎の症状だということです。

医院でお乳をしぼってもらいましたがそれでも痛みは収まらなくて。もう痛くて痛くて本当に辛かったです!私の場合は非感染乳腺炎でしたが感染性乳腺炎に移行することもあるとのことなので気をつけたいですよね。

夜、水で濡らして固く絞ってレンジで温めたタオルで乳首を懸命に揉みしごきました。

「痛ーーーーっ!!」

って叫びながら。里帰り出産でしたので、親も大変だったと思います(^^;)

なんでこんなに痛いの?!

産院では本当に、なんでこんなに痛い思いしなくちゃならないの!?と思いながら看護師さんに乳首のマッサージを受けました。「痛い、痛い」ってずっと言ってましたよ^^;でも看護師さんは「そうね、はいでも我慢我慢。赤ちゃんにおっぱいたっぷり飲んでもらうためだからねー」とさらっと言われて。

その後は無事にお乳も出るようになって、飲んでもらうたびにおっぱいに柔らかさが戻って、一安心でした。

急に乳腺炎になったわけ

私のように最初から最初から割とお乳の出が良い場合でも突然乳腺炎になったわけは、やっぱり食べ物だと思います。特にケーキは大きな原因の一つだったのではと思っています。授乳期は動かなくても授乳するだけで相当カロリーを消費するのでお腹も空きますから結構食べちゃうんですよね。で、食べたものの影響がすぐ出てました。

お乳がよく出る食べ物といえば、体を温めるものとか、根菜類とか色々言われますが、普通に5大栄養素(糖質・タンパク質・資質・ビタミン・ミネラル)をバランスよく満遍なく、ということですよね。ただケーキは糖質・脂質に偏った食べ物ですし、私も美味しいし大好きだったので、今なら太らないから食べてもいいかもとケーキを結構食べてしまってました。で、食べるとテキメンでしたよ!すぐにお乳が少し出にくくなるんです。だからそれがわかってからはなるべく控えるようにしました。

頑張り過ぎないで!

でもどんなママもママなりに頑張っていると思うので、頑張りすぎないで欲しいと思います。お乳の出方も環境や体質によって個人差があるものですから。自分の場合は乳腺炎が治ったあと今度は、マタニティブルーに襲われたりもしたので、結構キツかった思い出があります。

でも、もし産後どんなことがあったとしても赤ちゃんが健康で元気に育ってくれれば嬉しいし、育っていく過程でこちらがたくさんの喜びや元気をもらえる事だけは確かです!

どうかママになって人生の一番輝いて充実している今を大切に、ゆったりした気持ちで過ごして、育児を楽しんで下さいね*

関連記事

卒乳は自然に、子供がこんな風に決めました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする