薄毛が気になる人の頭皮マッサージが逆効果ってホント?!

え、頭皮マッサージ、ダメなの?

こんにちは、

今まで信じていた頭皮マッサージが血行を良くして髪が生えやすくなるのではというのは実は間違いだった!

アメリカのある薄毛を研究しているドクターが実験したそうです。

「薄毛の原因が男性ホルモンであるなら血行を悪くすれば男性ホルモンが届きにくくなり

薄毛が改善するのではないか。」

そこでこの医師は薄げの男性数十人に衝撃的な実験をします。

何と頭部に向かう血管を意図で結んで血行を悪くしたのです。

すると驚いたことに70%の被験者に改善が見られたそうです!

「いわゆる男性脱毛(AGA)は、睾丸で作られる男性ホルモンのテストステロンが、毛根部にある酵素の働きによって、DHTという悪玉男性ホルモンに変換され、この成分が毛髪の発毛や成長を遅らせたり、ストップさせたりするのです。頭皮を叩いたり強く揉むことは、血行を良くするという意味でしょうが、そうするとテストステロンの働きが促進されるため、むしろハゲやすいともいえます」

出典

頭皮の血行を良くすると逆にハゲる!叩いたり揉んだりはダメ | 日刊SPA!

(東京メモリアルクリニック平山・佐藤明男院長)

ところが、半年くらいすると全員元に戻ってしまったそうです。糸で結んでいた動脈の働きを補おうと残っていた血管のバイパスができて血流が復活したからだと考えられているそうです。

ただしただ血流を悪くすればいいということではないようで、昔ヘアバンドといって頭皮の血流を悪くすれば髪が生えるとの理由で流行ったことがあったそうなのですが、それをやりすぎた人がいて、頭皮が腐ってしまったそうです。

なので推奨はされていないとのことでした。by佐藤医師(それは当たり前だと思うのは私だけ?)

飲み薬?ぬり薬?

上記の医師佐藤明男氏は父方母方共に父親が剥げていて20代から30年以上飲み薬を飲んでいるそうです。

上の写真でもわかると思いますが、番組にも出演していた佐藤氏は57歳とのことですが

ふさふさです。やはりのみ薬は効くということでしょうか。

薄毛は大胆に出したほうがカッコ良い!

メガネの選び方

番組では5年ほど前まで薄毛を気にされて気分も落ち込み気味、おしゃれにも興味が持てなかったといういう松本さんという方が登場しました。

頭が痛くなるほど頭皮をマッサージしたりしたそうです(痛そう...><)

そんな生活に生きにくさを感じ、薄毛男性の魅せ方の研究を始めた松本さん。

現在は薄毛の悩みを持つ男性のファッションアドバイスをする会社を立ち上げ活躍されているそうです。

どうですか?

左が5年前の松本さん、右が現在の松本さんです。

手っ取り早く効果が見られるのがメガネだそうです。

どんな色のメガネがいいのか。

薄くて肌に同化してしまうようなフレームではなく、太くてインパクトのあるフレームが良いそうです。

服の選び方

丸襟、淡色のトップスは薄毛の人には避けたほうがいいそうです。

どうですか?右のほうがおしゃれに見えませんか?

また柄物であればはっきりした大きめの柄の方がいいそうです。

確かに全然雰囲気が違いますね!

また襟の形にも良いとされる形が。

目の錯覚を促すには左上の普通の襟の形ではなく襟の形が丸いもの、ボタンダウン、

襟の下の部分が一直線になっているもの、全体に柄が入っているもの、また普通の襟の形であれば襟部分だけ色が違うもの、などがオススメだそうです。

まとめ

今まで常識とされてきた格好を良くしたほうが良い、というのは間違いだった。

飲み薬は一定の効果が見られるようだ。

ぬり薬として一般的な「ミノキシジル」については飲み薬としてもインターネットなどで手に入るが効果がわかっていないのでやめたほうが良い。by佐藤医師

薄毛でもおしゃれに見せる魅せ方がある!

ということでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする