【踊り子号の座席】要注意・熱海での車両切り離しで目的地に着けない⁈

こんにちは!まるこです。

今回は叔母の告別式に出るため人生初の踊り子号で静岡・三島まで行くことになりました。

で、結構焦って汗)汗)汗)ってなったことを報告しようと思います。

踊り子号のことはなんでも知ってるさ!という人はスルーしてください。

踊り子号の修善寺行きで指定席は必要か?

私が忙しかったため夫が席を予約してくれたのはいいのですがお盆間近のこの日、指定席はとても混んでいて娘とならんで席を取ることができず、4列ほど離れた場所に座ることになったからと言われました。

でも指定を取っておかないで座れなかったなんてことになるのは間違っても避けたかったし、とにかくありがとう。

とりあえず三島に11時前に着きたいことを伝えるとあとは任せていました。

翌日聞いたら東京駅発9:00。

三島駅着10:38ということでした。

ちゃんと11時前になってる、と確認。

ホームに入ってきた踊り子号の自由席はガラガラでした

ホームに着いたのは8時50分を過ぎたところでした。

新幹線で三島まで40分で行ってしまうより、少し味わいがありそうな踊り子号で2時間かけて行っても告別式には間に合いそうでした。

思った通りちょっとレトロでステキです。この列車で2時間。楽しめそう!

さあもう一度切符を見ると9:00発踊り子104号。座席は14号車になっています。

でもホームに入ってきた列車を見ると、自由席が全然空いているではないですか。

これは自由席に移動した方がいいかも、と思いました。

ところでそれはそうと娘にはとりあえず朝一でおにぎりを食べさせたけれど4時起きで何も飲み食いしていなかった私はちょっとお腹が空いたなぁ。どうしようかと考えていると「この列車は車内販売はございません・・」という車内ナウンスが聞こえてきました。

そこであわてて娘を席に座らせると、すぐホームに出て売店を探しました。

すると近くにはなく、進行方向前の方に見えます。遠っ!

時間が無い中走って売店へ向かい、とにかく急いで水と何かしら食べるものを買い、また走って売店の近くから列車に飛び乗りました。

とにかく踊り子号に乗車した!けど・・

車内を14号車へと移動しながら

「なんだこんなに空いてるじゃん」

という感じでした。

売店は多分ホームの場所でいうと3号車かもしかしたら4号車あたりにあったのかもしれません。

親子連れ、8人くらいの友人同士で来ている若い女子、赤ちゃんのいる家族連れ・・。いろんなひとたち。

みんなステキな夏休みを過ごすんだなぁ〜なんて思いながら早足で歩いてましたが、8号車に大人数の他のお客もいないちょうど良さそうな席があったので、よし!ここいいなと売店で買った食料品を席に置いて、再び14号車へと歩き始めるとまた車内アナウンスが。

「15号車から11号車は修善寺行き〜途中熱海で切り離しを行います・・」

「?、?・・・」と思いつつさらに早足で車両を歩いていると、なんと10号車と11号車の間に運転車両(乗務員室)があって通り抜けられないではないですか!

「まもなく発車いたします。」

のアナウンスに一瞬迷いましたがドアを出て運転車両を横目に12号車に素早く乗り移りました。

直後に電車は動き出し、「ほっ」と胸をなでおろすと14号車の娘の座る席に戻り、

「自由席全然空いてるからあっちで座ろう。」

と言いました。

まず指定席の14号車から運転車両に一番近い自由席の11号車に移動し、空いていた席に並んで座りました。そして調べてみると、8号車は三島を通らないんですね。熱海で車両切り離しのあと伊豆急下田方面に行ってしまうのです。

じゃあさっき席を取った8号車は・・。と考えていると「ご乗車ありがとうございます・・・」とまたアナウンスが。

耳を皿にして聞いていると、

「熱海で車両切り離しを行います・・修善寺行きの15号車から11号車のうち自由席は11号車と12号車。伊豆急下田行きの1号車から10号車のうち自由席は・・」

ああやっぱりそうなんだとここでやっと気づきました(遅い!)じゃあ、8号車じゃ、だめだ。

まあここでこのままいてもよかったのですが、そうです、もうこの頃には喉が渇いて死にそうになってました・・・だから絶対水分補給しないと。8号車に行って取ってこないと・・・。

「品川で8号車においてきた荷物取ってくるね。8号車まで行くと停車中にまたここまで戻ってこれないかもしれないからその時は次の川崎まで向こうにいて川崎で止まったらまたここに戻ってくるからね」

と説明して品川駅停車と同時に急いで11号車から降りて8号車へ向かいました。

8号車に着きやっとのことで買ったばかりの大事な水と食料を手にすると、また早足で運転車両手前の10号車に向かいます。けれどやはり間に合いませんでした。

「発車しま〜す」

のアナウンスとともにドアが閉まったので、10号車の空いている席に座り、川崎まで待ちました。

そして川崎に停車と同時に列車を降り、再び運転車両を横目に11号車に飛び乗りました。

とにかくやっと並んで座れた!

なんか随分ややこしいことしてますよね。最初から切符が取れていればこんなにバタバタする必要はなかったわけですが。

でも指定席は満席で自由席はガラガラってことは、みなさん自由席で座れなかったら困ると思って指定を購入していると思うのですが、逆にこういうことも普通にあるんだということがわかりました。

それにしても滅多に二人で出かけることなどなく、叔母の告別式出席にためとはいえせっかくの旅です。並んで座りたかった、ただただそれだけなんですけどね。

なんだか一人でゼイゼイハーハー汗)している自分がちょっと間抜けのようにも思えましたが、まあこれからもうこんな二人旅きっと、無いと思うので、まずはよしとしようと思います。笑)

そんなこんなで知ってる人は知ってると思いますが知らない人のために、こんなこともありますよ〜というお話でした。

どこかの駅で車両切り離しって、結構あるんですよね。

これから踊り子号に乗る人はどうぞ楽しい旅を!^^

そんなわけでいつも全力疾走のまるこでした〜*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする