【小室哲哉涙の引退会見】に見る今後の展望は?

才能は枯渇するのか

才能がある人は若いちからから周りが放って置かないです
テレビで
若くから取り上げられるような人はやっぱりすごい才能を持っていることが多いですよね

宇多田ヒカルが出てきて終わったと思った

小室さんが「宇多田ヒカル」が出てきた時
すごい才能のある人が出てきたと思ったと言っ
ていました

90年代時代の寵児ともはされた小室さんがたまたま世に出たのが宇多田ヒカルと同時期だったとしたら

または小室さんと同時に期限に宇多田ヒカルが音楽業界に出てきていたとしたら

世の中の音楽の流れはどうなっていたでしょうか?

それは想像もつきません

どんなに才能があっても
人は歳をとるし

歳を重ねればハングリーさは減っていくものです

ハングリー精神を保ち続けるって簡単なことではないはずです

大変なことですよね

一度はすでに凡人では考えられないような成功を手にしているわけで

だから

ここにきて引退するという大きな決断ができたのかもしれませんよね

でも本当に引退する必要があったのかと思ってしまうんですよねー

本当に不倫と言ってしまっていいのでしょうか。

ケイコさんがあのような状態にあって

果たして不倫といえるのでしょうか?

自分が小室さんの立場だとしたら

と考えると看護師さんを頼りに思う気持ちがわからくはないです

うん全然わからなくない、

いやよくわかる。

これは<不倫>とは違うのじゃないでしょうか?

きっと気軽に悩みを話せる人がそばにいなかったから

だからですよ

とにかくやっぱりこんな終わり方って淋しいですね

いつかどこかでまたその才能を目にすることができたらと願っています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする