デニス・テンの残された家族は?(画像あり)彼女も気になる!

ソチ五輪銅メダリストのデニス・テンさんが強姦に襲われ亡くなり世界中に衝撃と動揺が広がっています。

デニス・テンさんの残された家族について調べてみました。

デニス・テンの母親について

母親はオクサナ・テン さんと言ってバイオリンの先生だったのですね!

デニス・テンの経歴

  • 生年月日:1993年6月13日
  • 出生地:アルマトイ
  • 身長:168 cm
  • 体重:60 kg
  • コーチ:フランク・キャロル ニコライ・モロゾフ
  • 元コーチ:ラファエル・ アルトゥニアン
    エレーナ・ブイアノワ
    タチアナ・タラソワ
  • 振付師:デイヴィッド・ウィルソン
  • 元振付師:ローリー・ニコル ニコライ・モロゾフ ステファン・ランビエール
    タチアナ・タラソワ イリーナ・タガエワ ミハイル・ポチタリン

スケートを始めたきっかけはお母さん

デニス・テンは5歳の時にお母さんの希望でスケートを始めました。9歳になるとエレーナ・ブイアノワと出会い、サマーキャンプに参加し、ブイアノワの勧めにより、2004年から母親と共にロシアに移住し、10歳の時からモスクワで本格的な指導を受けることになりました。

あるインタビューでお母さんは

「デニスは良いスケーターになるだけでなく、創造的な背景を持つアスリートになって欲しい。私はデニスが氷の上でそれを成し遂げることが出ると信じています、そして息子を誇りに思っています。」

と述べています。

デニス・テンの父親

父親のユーリー・テンさんはエンジニアだということです。

デニス・テンの兄

お兄さんはについては詳細はわからなかったのですが、デニス・テンはお兄さんとは仲が良く、感謝していると言っていました。

デニス・テンは小さい頃から物怖じしない少年で、サークルテニス、アクロバット、テコンドー、空手、水泳など様々なスポーツに挑戦していました。ダンスやアートスクールでも学び、これもお母さんの影響で音楽学校に行き、卒業しています。コーラスも好きでした。

キム・ヨナを敬愛していた

同じスケーター同士ということで、あちこちの試合で一緒になったそうですが、キム・ヨナを尊敬していたそうです。彼女の自分に自信があるところが大好きだったとのことです。

日本の選手では高橋大輔と仲が良かったと言われています。

家族について

またあるインタビューでは

両親と兄のおかげですべてを達成することができたと信じています。私はいつもそのことに感謝しています。私の母親を通して私は様々な楽器を紹介され、創造的な知覚を育てるために、音楽を進んで学ぼうとしました、そして母は異文化についても教えてくれました。

と語っています。

恋人について

恋人はいなかったようです。

練習や遠征で忙しく、25歳という若さだったこともありまだまだこれから、というところだったのにと思ってしまいますね。

カザフスタンの誇り

フィギュアスケートでカザフスタンに初のメダルをもたらしたカザフの英雄デニス・テン。彼の損失は国にとってとても大きな損失といえるのではないでしょうか。

カザフスタンでは犯人には極刑をとの声も多く寄せられているようです。

関連記事

デニス・テンの車種は?襲った犯人は誰でどこを刺したのか?

この顔がデニス・テン事件の犯人(画像あり)!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする