箏曲界のプリンス・Leo(今野玲央)って誰?

若き琴奏者Leo(今野玲央)が話題になっています。

今回はそんなLeoさんに迫ります。

Leoのプロフィール

  • 名前:今野玲央(こんのれお)
  • 生年月日:1998年2月5日
  • 出身:神奈川県横浜市

小、中、高を横浜のインターナショナルスクールに通いました。

現在は東京芸大の音楽学部邦楽科に在籍中とのことです。

見てお分かりのようにLeoさんはハーフです。

お父さんがアメリカ人、お母さんが日本人です。

調べてみるとご両親はLeoさんが3歳の時に離婚されています。

それにしてもイケメンですね〜。

そして芸大に在学中なんですね。

すごい!勉強もできるのか。天は二物も三物も与えたかって感じですが、

実はお勉強の方はそんなにできたという訳ではなかったようです。

よっぽどLeoさんの琴の音色は素晴らしかったんでしょう。

素晴らしいですね!

琴って難しいの?

実際やったことのある人に聞いてみると実は意外に易しく

初めての人でも「さくら」などは10分くらいで弾けるようになるそうです。

ただ調弦は自分でやらなければならないなどある程度弾けるようになると

そういった難しさも出てくるようです。

ただ吹奏楽をやる人口は極めて多い。

それに対して邦楽をやる人はすごく少ないですよね。

Leoさんはインターナショナルスクール時代に琴と出会ったそうですが

管楽器のように音を出せるまで時間がかかるということもなく、

琴という楽器が初心者にも優しかったところも魅力だったんではないか、と思います。

ハァ出会い方って大事ですね!

イケメン&ハーフ&琴

って・・・いいところに目をつけましたね〜(y^ω^y)

これからのLeoさんの活躍に期待したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする