【モテない男がモテるには】断言します。心のイケメンになること。

自分はモテない。

別にイケメンじゃないし、身長も高くないし。

有名大学を出ているわけでもないし、これと言って自慢できる何かがあるわけでもないし。

誰もが認めるモテ男くんならいざ知らず、

自分は凡人だと感じている多くの人は、そんな風に落ち込んだり、悩んだりしてしまうこともありますよね。

モテない男が身につけるべきは①共感性

女性という生き物は共感してほしい生き物です。

女性が女同士でペチャクチャと長時間話をしている内容、あれなんだかわかります?

はっきり言ってほとんど、「愚痴」だったりします。

ダンナや同僚や家族の愚痴。

うっぷんを吐き出すはけ口が欲しいんですよね。

女同士というのは相手が愚痴を言えば、必ず共感します。

「そーなんだ、そんなこと言われたら困るよね〜」

「そう、それは大変だったね」

「ふんふん、そっかそっかー」

「それは相手の言い分も聞いてみないとどっちが正しいのかわからないよ」

なんて言わないでこちらの愚痴を、黙って聞いてくれる。

そしてこちらの気持ちに寄り添ってくれる。

そうしてもらえるだけで女性は満足するのです。

モテない男が身につけるべきは②もちろん優しさ

女性にどんな男性が好きか聞くと、大抵はこの答えが返ってきます。

「え?好きなタイプ?吉沢亮、かな。なんていないか(笑)。優しい人?」

(疑問形で答えられても困るんですけどね)

とはいえ80%の返答には「優しい」が入ると言ってもいいかも。

女性はとにかく「優しい人」が好きですね。

優しいと一言で言いますが、では実際優しさって、何なのでしょう?

それはその人その人の性格や考え方によって違っていいのです。

その人が相手のことを思って自然と出てくる行動や言葉、それが「優しさ」です。

女性はそれを敏感に感じ取ります。

「私のことを思って言ってくれてるんだな」

「私のことを思ってやってくれたんだ」と。

それが仮にちょっとずれていたとしても、あなたが本当に相手を思ってしたことなら、必ず相手に伝わるものです。

恋愛マニュアルを読むのもいいですが、一番大事なのは相手の気持ちに寄り添った言動です。

例えばしばらく付き合った後に相手があなたの欠点を伝え、別れることになったとしたら。

(そうはいっても欠点なんて誰にでもあるものだからそれが別れにつながるというのは相当何かがあるってことですよね。)

そうではなく、例えば相手に別に好きな人ができたから別れてほしいと言われたら。

そんな時は悔しいですがさっさと別れてやりましょう。

女性は一度冷めてしまったらまた気持ちが元に戻ることはほとんどと言っていいほどありません。

そんな時は、こんな軽い女こっちから別れてやるさ!

と心の中で相手を軽蔑しつつさっさと別れてやればいいのです。

そして

「いつか絶対後悔させるから」

くらい言ってやりましょう。

そんなことを言ったらその女は

「は?絶対ないし」

というかもしれませんが

もしそばで誰かがその会話を聞いていたら、逆に

「この人と付き合いたい!」

と思ってしまうかも。

そんな潔いあなたの素晴らしさはきっと誰かに伝わるはずです。

好きな人には気持ちを伝えよう。

とにかく好きな人には思い切って気持ちを伝えることが大事です。

当たって砕けろの精神です。

それでもし振られたなら、自分の良さがその人には伝わらなかったんだと潔く諦める。それも男らしさです。

だってこの世に女性は何人いると思いますか?

ブルゾンちえみじゃないですが🎵〜チャッチャッチャラッチャ〜「35億!」

ですよ!

大丈夫。あなたの良さをわかってくれる人は必ずいます。

出会いを求めるならこんな方法も。

職場では新しい出会いはなさそうだ、という時はこんな出会い方もあります。

【結婚相談所比較ネット】

結婚相談所なんてあからさまだし気が進まない、と思いますか?

いいえ。

今は違うんです。2〜30年前だったら親の知り合いに顔の広い人が必ず一人はいて、お見合い話を持って来てくれることもありましたし、自分一人の力では結婚まで絶対にたどり着けなさそうな人もそんな世話好きな人の手によって結婚することができていました。

でも今は、「婚活」することはごく普通のことになっています。

そんなの、とりあえず今はいいや。

と引っ込み思案でいると、あっという間に30代も終わりそう・・なんてことになってしまいますよ!

40近くなってからの出会い&結婚はかなり難しくなってきますので、行動は早めに起こしたほうがいいのです。

大手結婚相談所12社から厳選

資料請求は無料ですので、資料だけでも取り寄せてみて検討してみることをオススメします。

終わりに

そうして実際自分に合いそうな人に会うことになったら。

1回目のデートは大事ですよ。

それではまた!




初めてのデートにこぎつけたらすること

初めてのデートではお互い相手のことをまだよくわかっていませんよね。

そんな時、自分のことをとうとうと語るのはやめましょう。

例えばデートでレストランに入った時。

ラーメン屋さんでも同じです。

スタスタ自分が先に入って行って、四人掛けのテーブルの一番奥にドン!と腰掛けるのはやめましょう。

手で合図するなりして先に彼女に入らせて、彼女に奥に座ってもらうようにしてください。

それだけで、彼女はなんとなく嬉しく感じるものです。

もちろん予約を取ったフレンチレストランなら自分が先に入って店の人に

「予約した〇〇です」

と伝えてくださいね。

女性がガミガミうるさいのはなぜだかわかりますか?

「今忙しいから」

とか

「こっちは一日中仕事してきて疲れてるんだよ」

とか

「またその話?」

なんて言わずに、黙って聞いてあげてください。

そして、

「それは大変だったね」

と話に共感してあげてください。

そうすれば彼女はガミガミうるさくなくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする