貴乃花は今後どうなる。相撲協会なしで相撲に関わって行く方法は?

貴乃花親方が協会に「引退届」を提出しました。

芝田山親方は「退職届」ではないから受理できない、書類に印鑑がなかったから受理できない、とか事務的などうでもいいようなことを言っていましたが、貴乃花親方の頑なな性格からみて、今後相撲協会に戻ることは考えにくいですよね‧*˚・(๐′д‵̥๐)・˚*·

今後貴乃花親方は何をして生きていくのか、気になります。

汚い協会のやり方

今後、協会の外から親方が何か協会に対して働きかけることはない、と言っていました。

何か新しい団体を作ることはあるのか、の問いにもございません、と答えていましたよね。

祖父の代からの相撲一家だった花田家に生まれ、自身は中学卒業と同時に家を出て相撲道を歩き始めた貴乃花親方。

兄弟子の貴闘力が「スッキリ!」の中で語っていましたが、年寄りになった頃から様々な軋轢がありながらも、貴花田親方は弟子たちのためにいじめとも言える協会のパワハラに耐えてきたそうです。

貴闘力自身も、息子(=大鵬の孫)が力士を目指していることが公になった時も「お前の息子今度協会入るんだろう、協会に不利益なこと喋ったら息子いじめるぞ」という脅しを受けたというのですから、本当に汚いですよね。

「だからあんまり今まで(テレビで)言いたいことが言えなかったんです」と言っていました。

親方が辞めることで、協会に一石を投じることはできるんでしょうかね。

今回の貴花田親方の会見のわずか2時間後に芝田山親方が「協会が貴花田親方に圧力をかけた事実は一切ない」と貴花田親方に真っ向から反論する会見を開いています。

圧力が一切なかったならなぜ親方は辞めなければならなかったんでしょうね。何もないのに自ら辞めるわけないということは、普通に考えれば小学生でもわかることだと思います。

貴乃花親方のこれまでの、協会の体質を変えようとの思いからの孤高の戦いは無駄だったのでしょうかᵕ᷄≀ ̠ᵕ᷄

貴乃花親方が敬愛する中西進先生

中西進

中西 進は、日本文学者、比較文学者、万葉学者、奈良県立万葉文化館名誉館長、池坊短期大学学長、国際日本文化研究センター・京都市立芸術大学・大阪女子大学各名誉教授、高志の国文学館館長。ウィキペディア
この中西進先生と相撲道のことを貴乃花親方が書いた文章があります。
私もこれを読んで感銘を受けました。貴乃花親方はこの「相撲道」をいつも一番大切に考えているんですよ。
クソがつくほど真面目で、相撲のことを本当に考えている人なんですよ。そして戦国時代ではないですが「武士に二言はない」と頑固なまでに日本文化を愛し、日本文化としての相撲道を大事にしてきた人なんですよね。

中西進先生と相撲道

第65代横綱 貴乃花 光司

中西進先生は当代随一の万葉学者であり、日本人が忘れてきてしまった“日本の美徳”を、言葉の起源をひもときながら誰にでもわかりやすく教えてくれ、目を覚まさせてくださる方です。その中西先生の著作集全三六巻が順次刊行されるとのお知らせを聞き、改めて先生の精力的な仕事ぶりに頭の下がる思いが致しました。

私が中西先生と初めて出会ったのは、東海道新幹線の座席ポケットに入っている『WEDGE』誌上でのことでした。地方巡業に赴く長い道中、ふと手にとった『WEDGE』に連載されている「日本人の忘れもの」を読み、心が揺さぶられるような思いが致しました。

私は15才で入門して以来、ひたすら相撲道を邁進して参りました。相撲界は一般の方から見ると特殊な世界のようで、未だに国技である“相撲”は完全に理解されているとは言えません。たとえば“横綱”についてですが、横綱とは「力士の中で最も強い者」「相撲という格闘技のチャンピオン」である、と解釈されている方がおられることが残念でなりません。同様に、相撲は“日本古来の格闘技”ではありません。相撲とは『神道』に基づき、男性が神前にその力を捧げる神事がその根源です。横綱に強さだけでなく、品格や厳格さが求められるのは、相撲が神事である証しといえるでしょう。横綱とは力士番付における最高位ではありますが、ただ勝ち星が多ければよい、他の力士に比べて力や技に勝り、誰よりも強ければそれでよいという存在では決してありません。

相撲の道を志すものは、「強くなりたい」という思いと同時に、「日本の伝統文化を守る」という強い意志が必要だと私は常々考えて参りました。それと同時に、相撲を通じて古来から脈々と受け継がれてきた日本文化の美学を後世に伝えていくことが、相撲に関わるすべての人間に課せられた義務であると考えております。

中西先生の著作に初めて接したとき、「ここにも日本の伝統文化を伝え、守ろうとしている方がおられる」と、まるで同士を見つけたように心強く感じると同時に、背筋が伸びるような思いをしたことを今でも覚えております。しかも、遠大なテーマでありながら中西先生の語り口に難解なところはみじんもなく、常にどんな人にも平易に読める文章で日本文化の奥深さを伝えてくださいます。このようなところにも、先生の温かなお人柄と、近代化の中で日本人が忘れてきたものを幅広く伝えたいという情熱がうかがえます。

私が実際に中西先生にお会いしたのは、貴乃花部屋創設の際作成した記念パンフレットに掲載するため、こちらから「是非に」とお願いし実現した対談のときでした。先生は文体そのままの方で、眼鏡の奥のまなざしは優しく、そして時に茶目っ気が感じられました。「相撲道」にも格別の関心をお持ちで、先生の専門分野である“言葉”から、様々な考察をされておられました。例えば、相撲の立ち合いで行司がかける“見合って、見合って”というかけ声については、「日本語で“見合う”というのは“誉める”という意味があるんです。これは、お互いに尊敬し合えるからこそ、真剣勝負ができるという深い意味が込められている証拠と言えます」という言葉をお聞きし、先生が相撲道の本質を見抜いておられることに深く感じ入ったものです。相撲の本質とは力の競い合いではなく、その時々の力と技の優劣を競うことに眼目があるという深い考察にも、先生の相撲に対する思いが伺えました。

対談でとりわけ印象深かったのは、中西先生が「女性が土俵に上がれないのはどうしてですか?」と聞かれたことでした。当時は、ちょうどそのことが世間で話題となる出来事があり、論争が起きていたのですが、先生はまさに直球でその真意を私に問うてきたのです。これに対し、私は「相撲とはもともと力士のどちらかが死ぬまで競い合うもの。土俵という闘いの場に本来守るべき存在の女性を上げるわけにはいかない。女性を土俵に上げないのは、この精神があるからなのです」とお答えしました。すると、先生は何とも言えない嬉しそうなお顔で「そもそもそのような由来があったのですか。一般の方々にも広くそうした事実がわかった上で、正しい議論が始まると上手な解決法が見つかるかもしれませんね」と深く納得されてらっしゃいました。

中西先生は文学を通じて日本が古代より女性を尊んできたことを熟知されておられます。日本文化が女性の手によって花開いていったその歴史を知り抜いておられる先生だからこその、安心されたご様子の笑顔と理解し、先生の「正しい議論」というお言葉に、私自身も勇気づけられる思いでした。

『日本人の忘れもの』――私が中西先生と出会うきっかけともなったエッセイのタイトルがそうであったように、近頃の日本は大切な多くのことを忘れてしまっているようです。我々は、日本人としての誇りを持ち「日本人の心」を今一度再確認しなくてはいけません。中西先生にはこれからも著書を通じて、この日本の素晴らしい伝統文化を未来に語り継いでいっていただきたいと願ってやみません。

万葉学者「中西進著作集25」に封入の「月報」より

http://www.ladyweb.org/special/

上記で貴乃花親方が読んで心が揺さぶられる思いがした、と語っていた中西進先生の本です。

貴乃花親方に勧めたい今後の生き方

❶ちびっこ対象の相撲教室を開く。

これは流行ると思います。集まりすぎて大変なことになるんじゃないでしょうか。貴乃花親方は「相撲道」に強い想い(相撲は日本古来の格闘技ではない。ただ強ければいい、というものではない、など)を持って生きておられるので、そういったことを子供の時分から貴乃花親方に直接教えてもらえたら、子供達にとってはすごくためになることなのでは。もしかしたら力士になりたい、という子供が増えるきっかけになるかもしれません。

❷国会議員になる。

兄弟子である貴闘力も勧めたそうです。一蹴されたそうですが。

国会議員になって相撲協会を解体してほしい。ゼロから新しい団体を作ってほしい。

❸相撲コメンテーターになる。

実際に横綱になり、これだけに実績を残した人が相撲協会を出た例はないと思うので、協会の実情を知り過ぎるほど知っている立場から、これまでのように協会に遠慮することなく、言いたいことをズバズバ言うコメンテーターになるのはどうでしょうか。全て暴露ですよ。貴乃花親方は正しいことを言ってくれると思います。

まとめ

いかがでしたか?

本当に協会のやり方はないと思います

少なくとも国は公益財団の認定を取り消すべき。

これまでもたった一人で闘ってきた貴乃花親方を、見ている人は見ていると思うのでこれからも自分の信じる道を突き進んでほしいですよね。ただ、身体だけはどうか大事にしてほしいと祈るばかりです。

関連記事

貴乃花引退理由とは?スポーツ界最強のパワハラの温床は相撲協会!

花田優一の別居報道で「靴職人は見せかけだった」と囁かれる理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする