キムタクが娘の芸能界デビューに反対だった本当の訳とは?

ずっと日本一カッコいい男でいてほしかったけど

これからは<コウキのパパ>と呼ばれるようになっていくの?(元)日本一カッコいい男キムタク

数年前まで日本一カッコいい男とほぼ日本中に思われていた(たぶん)キムタク。

<キムタク>それはカッコいい男の代名詞でした。

奥さんの工藤静香もやれ劣化だ整形しただのと散々言われているこの頃ではありますが、次女のコウキのデビューには驚かされましたねー。身長170㎝!スタイル抜群の容姿。しかも英語フランス語ペッラペラでお母さんに楽曲提供までしちゃう音楽の才能まで持ち合わせているというのだから、本当にさぞ自慢の娘なことでしょう。しかも長女もフルートで賞を取るほどの腕前だというのだから、すごいですよね。

年間200万かかると言われるインターナショナルスクールに子供二人を入れ、海外に留学させ、楽器を習わせ、いやー本当に芸能界で成功するってステキ!

教育の不公平が取りざたされて久しいですが、親の経済力が子供の教育を左右する現状って本当にどうなんでしょう。

とは言え話を戻すとキムタクの次女コウキの芸能界デビューに今だ納得していないと言われるキムタクですが、実際のところはどうなんでしょうか。

SMAPの解散問題後、まるで坂道を転げ落ちるかのように人気が衰えてしまった感のあるキムタク。コウキの売り出しに積極的だったのは妻の工藤静香だと言われていますが、やっぱり心配ですよねーいつ何があるかわからない芸能界は。

海外デビューさせたかった?!

超クール系かと思いきや笑顔も超キュートなコウキ

コウキはアーティストになりたいとの希望もあるようなので、人気商売の芸能人というより、歌や曲を作ったり、何ですか?服を作ったり?いずれはそういう才能を生かした方向に行くんじゃないですかねー。

でもまずは15歳であの大人っぽさ、芸能人によくあるあそこをいじった、どこをお直しした整形美人とかじゃなく、本当に素のままで美しいお嬢さんなので周りも放っておかなかったのだとは思いますが、売り出しに積極的だったのは奥様だったとか。

芸能界のそれこそ酸いも甘いも十分過ぎるくらい味わってきたであろうキムタクですから、それだけ色々な才能に恵まれた娘を本当は芸能界に入れたくはなかったのではないかと思うんですよね。でも海外のショービジネスの世界は考えているかもしれませんよねっ、だってペッラペラなんですもの!アメリカでデビューさせて日本に逆輸入を考えていたのかも。

長女がどう出てくるか楽しみ!

キムタク夫妻の娘でそれだけの教育を与えて育てた娘ですから、長女が今後世に出てこないことはないと思うんです。

プロのフルート奏者なのかなんなのかはまだわかりませんが、今後が楽しみではあります。期待したいですね*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする